あそこにGO

あそこにGO


デベロッパーhitta1026
価格無料
バージョン0.7.0.0
対応Windows Phone 7.5 以上
日本語対応

ネットが繋がらなくても目的地まで誘導してくれる!緊急時に大活躍!
  • スマホのGPSとコンパス機能を利用して、ネットに繋がらない状況でも目的地までナビゲーション!
  • Bing Mapを利用しているので目的地の設定も楽々!山手線駅一括登録も!
アプリQRコード

スポンサードリンク

未知に迷ってしまった時や、知らない土地での目的地探しなどに便利な、スマホのナビ機能。目的地の設定さえすれば、その場所までのルートや距離などをナビゲートしてくれるので、重宝している方も多いのではないでしょうか。
しかしそんな便利なナビ機能も、ネットが繋がらない環境ではルート検索などを行うことができず、緊急時には利用できなかったりします。

そんな、ネットの繋がらない環境で大活躍するのがこのWindowsPhoneアプリ「あそこにGO」。
ネットに繋がらない環境下であっても、スマホのGPS機能とコンパス機能を利用して目的地までの方角と距離をナビゲートしてくれます。またBing Mapと連携しているので、目的地の登録も地図から探して保存するだけ。誰でも簡単に設定を行い、いざという時の対策をしておくことができます。

アプリは「ナビ画面」「場所」「場所の設定」のページで構成されています。「ナビ画面」は、場所の設定が行われていない状態ではコンパス機能のみ表示されています。
フリック操作で画面を切り替え、まずは「場所の設定」ページへ。画面にBing Mapが表示されるので、画面中央にある点を目的地にしたい所に合わせて、画面上の入力フォームに場所名を入力。あとは「保存」を押すだけでOK。これで場所の登録は終了です。



「場所」ページに、先程登録した目的地が反映されているのを確認できたら、あとはその場所を選択。「ナビ画面」ページに切り替えると、矢印で目的地の方角と、画面下に目的地までの距離が表示されます。



画面下のアプリメニューからは、山手線駅の場所を一括で登録することができたり、各地域の初詣スポットの取得を行えたりします。都内で利用する場合は、山手線の情報が一括で取得できるのはかなり便利ですね。



スマホのGPS機能とコンパス機能を利用して、ネットに繋がらない状況でも目的地までのナビをしてくれる、緊急時に役立つWindowsPhoneアプリ。
「自宅」や「避難場所」などを登録しておけば、もし交通機関がマヒしてしまって徒歩で帰らなければならなくなったとしても、方角や距離をすぐに調べて目的地へ向かうことができます。
緊急時でなくとも、知らない土地での目的地や最寄り駅までのナビに使うことができ、「地図がよくわからないからルート案内されても…」という、地図を読むのが苦手な方にとってもとても便利なアプリではないでしょうか。

スポンサードリンク


「あそこにGO」をDownload アプリQRコード

関連ワード
スポンサードリンク
※レビュー当時の紹介内容となりますので、画像や文言が現在のバージョンとは異なる場合があります。
※お使いの端末設定やスペックにより、正しく動作しない場合があります。


▲ このページの先頭へ